五十肩の運動療法

運動療法による治療への効果と注意点について解説


五十肩は放置しておいても治るものだと思っているひとは意外に多くいらっしゃいます。
しかし、適切な治療を行わないと、たとえ痛みを和らいだとしても後遺症が残ることがあります。
それを避けるためにも、治療として運動療法をしっかりと行うことが重要になります。

運動療法って具体的にどんな治療法なの?

ストレッチや適度の運動を行って患部の筋肉の緊張を和らげたり、血行を促進させ炎症を解消させます。

でも、五十肩になると安静に肩になるべく負担をかけないことが大切って聞いたわ。

もちろん、むやみに過度の負担を患部である肩にかけてはいけませんから、安静することは大切です。
とくに激しい痛みを伴う急性期であれば、その必要は高くなります。
しかし、徐々に和らいでいく痛みに合わせながら、運動療法も並行して行うことは重要な治療のポイントなのです。

先に言っていた後遺症と関係があるね?

はい、その通りです。
肩関節における炎症の広がりから滑液が固まり、癒着が起こります。
適度な運動療法を取り入れることで、癒着を防ぎ、五十肩の再発防止や、また後遺症として可動制限が残ってしまうのを予防するのです。

逆に安静ばかりして、全く肩を動かさないでいることのほうが危険なのね。

はい。
もちろん無理矢理、肩を動かしては症状を悪化させる原因にもなりますから注意は必要です。
あくまでも少しづつ可動域を広げていくイメージで継続的に適度な運動療法を取り組むことが大切なのです。
運動療法は自宅で行えるものばかりですので、気軽に取り組めます。

【PICK UP】あるトレーニングをたった5回するだけで五十肩の痛みが本当に消えるのか?

今回取り上げるのは、現在まで1万5千人以上の患者さんを健康へ導いてきた健友館の越田知顕著先生が考案した平均で約5回〜10回の実践回数で五十肩の痛みがウソのようにす〜っと消えるという1,400人以上の五十肩の痛みが改善させたトレーニング解説DVDです。

取り上げた理由については下記の5点からです。

軽度の人なら数回の5回程度と短期間に症状が改善できる
病院や治療院に行かなくても自宅で実践できる
道具や薬などを買う必要がない
トレーニングを実践し93%の方が効果を実感
五十肩の痛みが改善されなかったら全額返金



越田式五十肩改善トレーニングを実践された方の体験談なども公式サイトに紹介されていますので、一度チェックしてみては如何でしょうか。

越田式五十肩改善トレーニングの公式サイトはコチラ

五十肩の運動療法ってどんな治療法?関連コンテンツ

五十肩の診断と検査方法ってどういったもの?
病院での五十肩の診断や検査の方法についてご説明しています。
五十肩を治療する際に行われる手術とは?
五十肩を治療する際に行われる手術とはどういったものなのか、流れや特徴などをご説明しています。
五十肩の温熱療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる温熱療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩の神経ブロック療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる神経ブロック療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩の薬物療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる薬物療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩に鍼灸治療は効果があるの?
五十肩の治療として鍼灸による治療にはどういった効果があるのかについてご説明しています。
五十肩の改善に整体は効果あるの?
五十肩の改善に整体にはどういった効果があるのか、注意点などについてご説明しています。
整形外科で行われる五十肩の治療法とは?
整形外科では五十肩を治すのにどういった治療を行うのかについてご説明しています。
五十肩に漢方薬は効くの?
五十肩を治すのに漢方薬は効果があるのか、おすすめの漢方薬についてご説明しています。
五十肩の痛み止めってどんな薬なの?
五十肩の痛み止めとはどういった薬なのかをご説明しています。