五十肩の診断と検査方法

診断の際の具体的な検査法について解説


五十肩には、他にも同じような症状をともなう疾患がたくさんあります。
ですから、しかっりと検査して診断していくことが重要となります。

例えば、似たような症状の病気ってどんなものがあるの?

肩峰下滑液包炎、腱板炎、腱板断裂、肩鎖関節変形性関節症、リウマチや肺の腫瘍、心筋梗塞。
また、骨折や脱臼などの外傷もそうですね。
他にも様々な病気があげられますよ。

そんなにたくさんあるのね。
お医者さんはそれらの病気と区別して、「五十肩である」と患者さんを診断するにあたって、具体的にどんな検査をするの?

まずは、運動機能検査です。
これは肩関節の動きを詳しく検査するものです。
前方、後方、横方向、外側、内側のそれぞれの方向に腕を曲げ、これから診察していくうえで基本となる角度をしっかりと記録します。
そして、画像検査もします。
五十肩は画像に映りませんから、エックス線写真で肩に異常がみられた場合、その時点で他の病気だということになります。
また、検査で麻酔を使うものもありますよ。

えっ?
検査なのに麻酔をするの?

はい。
痛みの原因となっている炎症を起こしているであろう部位に局所麻酔をします。
これにより、劇的に痛みがおさまったのならば、患部が特定できたことになるわけです。
こういった検査結果をもとにして、最終的に鑑別診断をするのです。

さきにいったように、五十肩と同様な症状をみせる紛らわしい病気が多くありますので、厳密に診断していくことで原因不明といわれる五十肩であるか、しっかり鑑別するのです。

【PICK UP】あるトレーニングをたった5回するだけで五十肩の痛みが本当に消えるのか?

今回取り上げるのは、現在まで1万5千人以上の患者さんを健康へ導いてきた健友館の越田知顕著先生が考案した平均で約5回〜10回の実践回数で五十肩の痛みがウソのようにす〜っと消えるという1,400人以上の五十肩の痛みが改善させたトレーニング解説DVDです。

取り上げた理由については下記の5点からです。

軽度の人なら数回の5回程度と短期間に症状が改善できる
病院や治療院に行かなくても自宅で実践できる
道具や薬などを買う必要がない
トレーニングを実践し93%の方が効果を実感
五十肩の痛みが改善されなかったら全額返金



越田式五十肩改善トレーニングを実践された方の体験談なども公式サイトに紹介されていますので、一度チェックしてみては如何でしょうか。

越田式五十肩改善トレーニングの公式サイトはコチラ

五十肩の診断と検査方法ってどういったもの?関連コンテンツ

五十肩を治療する際に行われる手術とは?
五十肩を治療する際に行われる手術とはどういったものなのか、流れや特徴などをご説明しています。
五十肩の運動療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる運動療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩の温熱療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる温熱療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩の神経ブロック療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる神経ブロック療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩の薬物療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる薬物療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩に鍼灸治療は効果があるの?
五十肩の治療として鍼灸による治療にはどういった効果があるのかについてご説明しています。
五十肩の改善に整体は効果あるの?
五十肩の改善に整体にはどういった効果があるのか、注意点などについてご説明しています。
整形外科で行われる五十肩の治療法とは?
整形外科では五十肩を治すのにどういった治療を行うのかについてご説明しています。
五十肩に漢方薬は効くの?
五十肩を治すのに漢方薬は効果があるのか、おすすめの漢方薬についてご説明しています。
五十肩の痛み止めってどんな薬なの?
五十肩の痛み止めとはどういった薬なのかをご説明しています。