五十肩治療に漢方薬

おすすめの漢方薬とその効果について解説


五十肩の治療は、基本的には痛みや炎症を抑える薬を服用しながら、運動療法を行うというものが一般的です。
さらに、それに加えて漢方薬を併用してみるというのも良いでしょう。

鎮痛剤やステロイドなど西洋医学のお薬とは異なる、東洋医学の漢方薬を用いるの?

はい。
五十肩に効果がある漢方薬を治療にとりいれるのです。
もちろん、今行っている治療がある方は、それらと併用して漢方薬をとりいれると良いでしょう。

五十肩に効く漢方薬って、どんなものがあるの?

まずは五十肩の改善でもっともポピュラーな漢方薬である「二朮湯(にじゅつとう)」があげられます。
五十肩をはじめ、肩や腕のしびれに対する症状緩和の効能があります。

つぎに誰もが一度は耳にしたことがあるであろう「葛根湯(かっこんとう)」もあげられるでしょう。
筋肉痛や頭痛、肩こりなどさまざまな症状に対して効果があるとされていますが、五十肩の症状改善にも用いられます。

ほかにもある?

はい。
痛みをおさえる効能がある「炙薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」や、身体の冷えをとり痛みを抑える「五積散(ごしゃくさん)」があります。
他にも体を温め、関節痛や神経痛に効果がある「桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)」もあげられるでしょう。
漢方薬は、1つの漢方から体質を改善してくれるさまざまな効能があるものが多く、まだまだあげられます。
漢方薬を五十肩の治療に検討されている方は、一度近くの漢方薬局店で専門医に相談してみるといいでしょう。

【PICK UP】あるトレーニングをたった5回するだけで五十肩の痛みが本当に消えるのか?

今回取り上げるのは、現在まで1万5千人以上の患者さんを健康へ導いてきた健友館の越田知顕著先生が考案した平均で約5回〜10回の実践回数で五十肩の痛みがウソのようにす〜っと消えるという1,400人以上の五十肩の痛みが改善させたトレーニング解説DVDです。

取り上げた理由については下記の5点からです。

軽度の人なら数回の5回程度と短期間に症状が改善できる
病院や治療院に行かなくても自宅で実践できる
道具や薬などを買う必要がない
トレーニングを実践し93%の方が効果を実感
五十肩の痛みが改善されなかったら全額返金



越田式五十肩改善トレーニングを実践された方の体験談なども公式サイトに紹介されていますので、一度チェックしてみては如何でしょうか。

越田式五十肩改善トレーニングの公式サイトはコチラ

五十肩に漢方薬は効くの?関連コンテンツ

五十肩の診断と検査方法ってどういったもの?
病院での五十肩の診断や検査の方法についてご説明しています。
五十肩を治療する際に行われる手術とは?
五十肩を治療する際に行われる手術とはどういったものなのか、流れや特徴などをご説明しています。
五十肩の運動療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる運動療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩の温熱療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる温熱療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩の神経ブロック療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる神経ブロック療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩の薬物療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる薬物療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩に鍼灸治療は効果があるの?
五十肩の治療として鍼灸による治療にはどういった効果があるのかについてご説明しています。
五十肩の改善に整体は効果あるの?
五十肩の改善に整体にはどういった効果があるのか、注意点などについてご説明しています。
整形外科で行われる五十肩の治療法とは?
整形外科では五十肩を治すのにどういった治療を行うのかについてご説明しています。
五十肩の痛み止めってどんな薬なの?
五十肩の痛み止めとはどういった薬なのかをご説明しています。