五十肩の痛み止め

痛み止めに使われる薬について解説


五十肩はすぐに回復する病気ではありません。
治療を開始したからといって、すぐに治るものでなく、ある程度の期間が必要となります。
その治療期間においてずっと痛み止めのお薬を飲むというわけではありません。

では、長期間にわたって、痛みに耐えなければいけないということ?

いいえ、そういうことではありません。
五十肩で最も痛みがでるのが、個人差はありますが急性期と呼ばれる発症から1カ月程度の期間なのです。
激しい痛みを感じ、とくに夜には眠ることができなくなるほどになれば、普段の生活にも支障がでてきます。

そうなると、いよいよ大変ね。

はい。
ですから、痛み止めを飲んで対応します。

もちろん痛み止めは、五十肩を根本的に治すのではなく、あくまでも一時的に痛みを抑えるものとして対処する療法です。

痛み止めって具体的にはどんな薬なの?

よく使われるものが、非ステロイド性消炎鎮痛薬になります。
炎症を抑え、痛みを鎮めるもので、形態も内服薬、湿布や軟膏などの外用薬、座薬など種類も豊富です。
また、場合によっては局所麻酔を使用することもありますし、ステロイド薬を使用することもあります。

副作用はあるの?

もちろん、全くないわけではありません。
しかし、あくまで、五十肩の急性期というごく限られた期間ですので、心配はないようです。
万が一、吐き気や胃腸障害などみられれば、すぐに担当医に報告しましょう。
また、薬のことを含め治療に対して疑問があれば、遠慮なく担当の医師に詳しく説明を聞きましょう。

【PICK UP】あるトレーニングをたった5回するだけで五十肩の痛みが本当に消えるのか?

今回取り上げるのは、現在まで1万5千人以上の患者さんを健康へ導いてきた健友館の越田知顕著先生が考案した平均で約5回〜10回の実践回数で五十肩の痛みがウソのようにす〜っと消えるという1,400人以上の五十肩の痛みが改善させたトレーニング解説DVDです。

取り上げた理由については下記の5点からです。

軽度の人なら数回の5回程度と短期間に症状が改善できる
病院や治療院に行かなくても自宅で実践できる
道具や薬などを買う必要がない
トレーニングを実践し93%の方が効果を実感
五十肩の痛みが改善されなかったら全額返金



越田式五十肩改善トレーニングを実践された方の体験談なども公式サイトに紹介されていますので、一度チェックしてみては如何でしょうか。

越田式五十肩改善トレーニングの公式サイトはコチラ

五十肩の痛み止めってどんな薬なの?関連コンテンツ

五十肩の診断と検査方法ってどういったもの?
病院での五十肩の診断や検査の方法についてご説明しています。
五十肩を治療する際に行われる手術とは?
五十肩を治療する際に行われる手術とはどういったものなのか、流れや特徴などをご説明しています。
五十肩の運動療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる運動療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩の温熱療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる温熱療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩の神経ブロック療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる神経ブロック療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩の薬物療法ってどんな治療法?
五十肩の治療で行われる薬物療法とはどういった治療法なのか、特徴などについてご説明しています。
五十肩に鍼灸治療は効果があるの?
五十肩の治療として鍼灸による治療にはどういった効果があるのかについてご説明しています。
五十肩の改善に整体は効果あるの?
五十肩の改善に整体にはどういった効果があるのか、注意点などについてご説明しています。
整形外科で行われる五十肩の治療法とは?
整形外科では五十肩を治すのにどういった治療を行うのかについてご説明しています。
五十肩に漢方薬は効くの?
五十肩を治すのに漢方薬は効果があるのか、おすすめの漢方薬についてご説明しています。