五十肩の放置

放置しておくことによる影響について解説


五十肩になると日常生活を送るうえで、様々な場面で支障をきたすものです。
症状は個人差がありますが、肩の可動域が制限され、痛くて腕を肩より上にあげることもできなくなります。

痛いと感じていても、病院にも行かないで放置していたら、五十肩はどうなるの?

放置していても治るという方もたまにいらっしゃいます。
もちろん、肩に負担をかけないで生活をおくりながら治療はしないでそのまま放置して、回復を待つという状態を含めてです。
長期間にかけて自然治癒力に任せ、痛みがとれることもあるでしょう。

では、放置することで五十肩は完治するといえるのね?

いいえ、完治するのは難しいです。
痛みがおさまっても肩の可動域の制限がずっと後遺症として残ることが考えられます。

さらに回復する期間も、さらに長くなることが考えられ、1年以上、場合によってそれ以上の年数、五十肩に悩まされるかもしれません。

やっぱり、できる限りの治療は行ったほうが良いということね。

もちろんです。
仮に、五十肩を放置したまま、生活していくとなれば、肩に負担がかからないように体は動きます。
痛みを感じる動きも避けるわけですから、当然、その代償として、体の他の部位に負担がかかってくることになります。
本来、肩の筋肉が負担していたことが、腰にかかるということにもなるわけです。
すると、当然、それらの負担に耐えられず、腰を痛めるということも想定されるのです。
肩、腰、さらに…、とバランスを欠いた体はどんどん負の連鎖をみせます。
ですから、五十肩を自覚したら、専門医の診断のうえ、適切な治療を行うことが良いのです。

【PICK UP】あるトレーニングをたった5回するだけで五十肩の痛みが本当に消えるのか?

今回取り上げるのは、現在まで1万5千人以上の患者さんを健康へ導いてきた健友館の越田知顕著先生が考案した平均で約5回〜10回の実践回数で五十肩の痛みがウソのようにす〜っと消えるという1,400人以上の五十肩の痛みが改善させたトレーニング解説DVDです。

取り上げた理由については下記の5点からです。

軽度の人なら数回の5回程度と短期間に症状が改善できる
病院や治療院に行かなくても自宅で実践できる
道具や薬などを買う必要がない
トレーニングを実践し93%の方が効果を実感
五十肩の痛みが改善されなかったら全額返金



越田式五十肩改善トレーニングを実践された方の体験談なども公式サイトに紹介されていますので、一度チェックしてみては如何でしょうか。

越田式五十肩改善トレーニングの公式サイトはコチラ

五十肩は病気などに行かずに放置しておいてもいいの?関連コンテンツ

五十肩が発症する原因って何?
なぜ五十肩が発症してしまうのか、その原因となることについてご説明しています。
五十肩になるとどんな痛みや症状があるの?
五十肩になるとどのような痛みや症状が出てくるのかについてご説明しています。
「ためしてガッテン」で五十肩について放送された内容って?
「ためしてガッテン」で五十肩について放送された内容とはどういったものだったのかについてご紹介しています。
「モーニングバード」で紹介された五十肩の原因と予防法は?
モーニングバードにて紹介された五十肩の原因や予防のやり方についてご紹介しています。