急性期の五十肩の治療法

急性期における治療法について解説


五十肩になると完治するまでの期間は患者さんによって異なってくるものです。

確かに、一年経過しても治っていないひともいると聞くわ。

しかし、完治するまでの期間はそれぞれ違えども、改善していく流れは一定の経過を辿っていきます。
さらに、その経過状況によって、治療法も変わってきます。
まず、急性期における治療法を紹介しましょう。

急性期?

急性期とは、五十肩が発症して間もなく、激しい痛みをともなっている時期のことです。
急性期はだいたい1か月から2か月程度、続くといわれております。

急性期における治療法とはどんなものなの?

まずは安静に過ごすことが一番大事です。
肩に負担がかかる動作はなるべく避けたほうがいいです。

では、仕事や学校などがある日中はどうしたらいいのかしら?

当然、三角巾やバストバンドを使用して腕を固定したほうが安全ですね。
そのうえで治療法として、薬物療法があり、炎症を抑えるため非ステロイド性消炎鎮痛薬を服用したり外用薬を貼付して、痛みを抑えます。
また、局所麻酔注射をすることもあります。

他には?

振り子体操による体操療法も1日3回程度行うのも良いでしょう。

体操なんて、運動はひかえて安静にするべきなんじゃないの?

この体操は腕にかかる負担が比較的少ないので、急性期には推奨される体操です。
前かがみになって片手で机やいすを支えにして、もう一方の手にはおもりをもって前後左右に腕を振るという簡単な体操です。
また、激痛に対しては温熱療法によって抑えることもあります。
炎症に対して、保冷パックなどで冷やして対処し、その後痛みがひいてきたら、カイロなどをつかって温めて、血行をよくします。

【PICK UP】あるトレーニングをたった5回するだけで五十肩の痛みが本当に消えるのか?

今回取り上げるのは、現在まで1万5千人以上の患者さんを健康へ導いてきた健友館の越田知顕著先生が考案した平均で約5回〜10回の実践回数で五十肩の痛みがウソのようにす〜っと消えるという1,400人以上の五十肩の痛みが改善させたトレーニング解説DVDです。

取り上げた理由については下記の5点からです。

軽度の人なら数回の5回程度と短期間に症状が改善できる
病院や治療院に行かなくても自宅で実践できる
道具や薬などを買う必要がない
トレーニングを実践し93%の方が効果を実感
五十肩の痛みが改善されなかったら全額返金



越田式五十肩改善トレーニングを実践された方の体験談なども公式サイトに紹介されていますので、一度チェックしてみては如何でしょうか。

越田式五十肩改善トレーニングの公式サイトはコチラ

急性期の五十肩に有効な治療法とは?関連コンテンツ

慢性期の五十肩に有効な治療法とは?
慢性期の五十肩の場合、どういった治療を行えばよいのかについてご説明しています。
回復期の五十肩に有効な治療法とは?
回復期の五十肩の場合、どういった治療を行えばよいのかについてご説明しています。